2008年05月30日

新築・リフォーム両対応の防犯面格子をトステムが発売:6/1から21,600-26,500円で

トステム株式会社(本社:東京都江東区、社長:小川康彦)は、新築・リフォームどちらにも対応でき、窓からの侵入を防ぎ取り外す事ができない防犯面格子「高強度縦格子」を、6/1から21,600-26,500円で全国で発売する。

ドロボウなどが格子を取り外しにくくするため、格子を固定するネジには、取り外す方向(逆回転)には回転しない“ワンウェイネジ”を使っています。またリフォーム用の後付けタイプは、面格子本体と壁を取り付けるネジが外側から見えない構造になっている。

「侵入手口に対し、5分以上の抵抗性能を有する」と評価された防犯性の高い建物部品に認定された面格子です。

換気のため開ける回数が多いバスルームやキッチンや外部から見えにくい窓などに、新築やリフォームの時に、取り付けるのがお勧めのようです。

トステム(株)
posted by カゼ at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

リフォームにも使える軽いフィルム型太陽電池の外壁パネルを大成が商品化

大成建設と富士電機システムズは、リフォームの際にも新たに使えるフィルム型太陽電池を使用した外壁パネルを商品化した。


使用しているフィルム型太陽電池は1平方メートル当たり1キログラムと軽く壁面に利用でき、リフォームの際に使用しても大規模な補強工事をしなくてもよい。工場用にも使える。太陽電池は富士電機システムズが供給。
posted by カゼ at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

リフォーム部位順位の理由:住んでから住宅業者にかなりの不満

経産省のストック住宅の調査によれば、リフォームで改修したり交換したりしたのは外壁(41%)、給湯器(37%)、屋根(26%)の順に多かった。また、こんごリフォームしたい部位として多かったのは、壁紙(40%)、キッチン(32%)、外壁仕上げ材(31%)の順になった。

私が住宅をツーバイ工法で建てたのは、30年弱前です。私は外壁にチップを入れて塗りつけてもらったので、外壁にひびや割れが生じにくくて満足しています。チップを入れないないものを外壁に塗りつけてもらった場合は、10年ほどでにあちらこちらにひびや割れが生じて、リフォームせざるを得なくなります。

また、住宅の近くに畑や道路や運動場や大きな煙突があれば、最初はきれいですが、風で土ぼこりや煙の成分が吹き付けられ、すぐ薄汚れた感じとなり、専門業者に住宅の外壁を全部洗ってもらうか、リフォームして取り替えてもらう必要があります。

その点から言えば、畑や道路や運動場や大きな煙突が近くにある宅地は、買わない方が良いですね。

近年は、吹き付けの外壁ではなく、釘で打ちつける外壁が主流となり、ひびや割れが生じにくくなり、土ぼこりや煙の成分が付きにくくなっていますが、、、、。

給湯器は一般的に10年しか持たないと言われています。念のために、排ガスは室外に出るようにしてもらった方が安全です。

私の住宅の一流メーカー製の集中暖房&給湯装置は、地震の揺れですぐ何回も故障するので、確か1年ほどで取りはずしてもらいました。そして、普通の給湯器に変え、それは25年ほどもち、その後新しい給湯器に変えました。

屋根はかわら屋根の場合、10年もすれば、雨風や地震でしっくいや粘土が崩れ始め、雨水がしみこみやすくなります。私の住宅も、その点の屋根のリフォームを2回してもらいました。今年の梅雨までに、また崩れた屋根のしっくいや粘土部分を直してもらおうと思います。

壁紙もかなり汚れてきたので、新しいものにリフォームしなければと思っています。

リフォームする際に、新築時と異なる業者に頼む場合が46% あったとの経産省の調査結果で、経産省は新築時の業者のPR不足をあげていますが、私は、一般的に新築した人全体で新築時の業者に対する満足度が約63%しかないことも原因だと思います。

私は、新築時の業者に対する満足度が約67-70%ですが、それでも新築時の業者にリフォームを頼みたくないですね。長く住んでいると、「ここもいい加減に作ったな、、、」という点がいろいろ気づくようになるからだと思います。
posted by カゼ at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

超お買い得の築10年のリフォームなしの中古住宅の賢い買い方:疑問あれば専門家に相談

日経トレンディネットで長嶋修さんが、築10年前後のリフォームしていない見栄えの悪い中古住宅の中に、超お買い得物件があると勧めています。

ほとんどの人は、リフォームのしていない見栄えの悪い物件は買いません。しかし、その中にも、超お買い得物件があるとのこと。

ただし、リフォームのしていない築10年前後の中古住宅を買う場合は、@雨漏りの原因となる状況が、外部から見られるか確認しよう。例えば外壁がサイディング張りの場合、つなぎ目には「シーリング剤」が注入されている。これは、施工時は触るとぶよぶよして弾力性のあるものだ。これが経年とともに硬くなって、ひび割れたり隙間が開いていたりしたら要注意。シーリングをひと通りやりかえる必要がある。室内に入ったら、天井や壁の上部をよく見てほしい。もし雨漏りの形跡があれば、その原因と状態をさらに確認するA 床下や天井裏の点検口を、必ずのぞこう。ここにはたくさんの情報が詰まっている。何も、床下に入ってはいつくばる必要はない。点検口を空けたとき湿った感じがしたら、雨漏りや配管からの水漏れなどの問題がある可能性が高い。床下や天井裏は基本的に、カラッと乾燥しているのが望ましいのだB建物の傾きを意識する、、、などをチェックする必要があると言っています。

これら点について、リフォームのしていない築10年前後の中古住宅をチェックして疑問が生じた時は、専門家に相談するようにとも、言っています。

私の家は、ツーバイ工法で点検口がないため、外側の換気口からデジカメで写真で内部を写してみようと思います。

日経トレンディネット(Http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20080424/1009882/?top)
posted by カゼ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

リフォーム代金トラブルなどの相談受ける「消費者トラブル110番」:5/9〜5/10:差し止め請求可

住宅のリフォーム代金や金融・保険サービスや店で買った商品や訪問販売や通信販売などのトラブルの電話での相談に応じる「消費者トラブル110番」が、今年も5/9〜5/10午前10時〜午後4時まで開かれる。

「消費者トラブル110番」は、全国消費者生活相談員協会の札幌、仙台胃、東京、名古屋、大阪、福岡の6支部が行う電話相談で、不当な業者には差し止め請求できるように国から認められている。昨年の受付件数は521件。相談の半数がシニア世代。同協会東京支部の電話は03-5571-6661。
posted by カゼ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

第14回建築リフォーム&リニューアル展が5月下旬東京で:対象は建築業界の入門者からプロフェッショナルまで

建築業界の入門者からプロフェッショナルのための第14回建築リフォーム&リニューアル展が、5/21〜5/23午前10時〜午後5時半、東京国際展示場 東京ビッグサイト 東2ホールで開かれる。入場料1000円。問い合わせ(電話03−3228−3401)。

第14回建築リフォーム&リニューアル展では、セミナーとして「co2省エネルギーの最新技術動向」や「高齢社会の実状を正しく知り、考え、未来を創る」などのテーマでもおこなう。
posted by カゼ at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

ヤマハがリフォームのショールームをオープン:浜松・柏・藤沢に

リフォーム対応力を強化したショールームを、ヤマハリビングテックは、4/29に千葉県柏市に、5/3に神奈川県藤沢市に、それぞれ新規オープンする。

さらに、本社に隣接していた浜松ショールームを、浜松市中区に4/26に移転オープンする。

リフォーム業者の言いなりにならず、自分で勉強・研究しようと言う顧客が増えているのに対応したもの。

ショウールーム(Http://www.yamaha-living.co.jp/showroom/map.html)
posted by カゼ at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

自然素材で無添加リフォーム:シックハウス症候群なし:妙な世の中

合板やビニールクロスなど化学系のいわゆる新建材でリフォームや新築すると、揮発性の有機化合物ホルムアルデヒドが室内に放散され、慣れるまで頭痛、筋肉痛、不眠、目が痛むなどの症状の「シックハウス症候群」が出やすいです。

株式会社オクタ(本社・さいたま市)は、自然素材を使った無添加リフォームを行っている。

毎日JPは、株式会社オクタについて「木材は産地の明確な無垢材、断熱材には古新聞をリサイクルしたセルロースファイバー、塗料やワックスはお米由来の米ロウや木酢液、塗り壁材には珪藻土やしっくいなど。接着剤には動物の皮や骨などからとれるコラーゲンを利用したにかわを採用。

他にも天然のイグサを使った畳やセルロース繊維を使った壁紙、自社でオリジナル無垢建具まで製造・販売するなどのこだわりようである。 これらの自然素材はシックハウスの原因と言われているホルムアルデヒドを発生させないばかりか、それらの有害化学物質を吸着、分解する能力を持つ素材もある。リフォームなら数百万円から施工可能である」と書いています。

株式会社オクタ(電話0120-19-5955)の支店は 大宮、越谷、川口、三郷、所沢、練馬、津田沼、千葉、横浜にある。

なお、ビニールクロスに天然の酵素をしみこませて落ちなくした壁紙を作っている会社が、東京にあります。このようなビニールクロスの壁紙を使ってリフォームや新築すると、普通のビニールクロスより4割高となりますが、シックハウス症候群になりにくく、気分が落ち着き熟睡しやすいようです。

国産の丸太や板を使えば確かに気分が落ち着きますが、外国からの大気汚染物が国内の森林に長年降り注いで吸収され、製材にしてもそれが 放散されて室内を汚染しているようだと言われています。何PPM 濃度との調査資料を見たことがあります。妙な世の中になってきました。それでも、国産の丸太や板による室内の汚染度は、新建材より低いと思います。
posted by カゼ at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

屋根リフォーム後に生える屋根の雑草に思う:大企業会長の自慢の集中暖房システム

リフォーム最新情報 ブログの愛読者の皆さん、新年明けましておめでとうございます。

私は、京都府過疎村の出身で27年前に自宅を建てました。リフォーム最新情報というブログは、二階の書斎のパソコンで書いております。

住宅ローンの支払いは、25年の長期の支払いとなると、その間に予想外の人生の浮き沈みがあり、ヒヤーとする時期もありました。住宅ローンを支払い続けている間は、何か借家に住んでいるような気分でした。時たま住宅ローンのことを、家賃と言い間違えることもありました。

住宅ローンの支払いが済んでやれやれと思っていると、家のあちらこちらのリフォームや修理が急増して、結構お金がかかるようになりました。

住宅ローンの支払い中でも、一番最初にリフォームしたのは、ある有名大企業自慢の集中暖房システムを導入したのですが、一寸の地震が原因のためか年中故障したため、1年後に取り払い、台所や風呂場用にガス器具を新たにつけ直したことです。この有名大企業の実力会長が、自社の集中暖房システムを自慢しているのを読むたびに腹が立ちました。「現場の実態を知らずに、いい気なもんだ」と思いました。

次は建てて10年後か15年後に、屋根のリフォームをしました。地震のため、屋根の区切りというか出っ張ったところの灰白色の粘土が、崩れたり割れたりして雨漏りの危険が出てきたため、約20万円で粘土を塗りなおしてもらいました。

塗りなおしてもらった屋根の粘土も、またボツボツ割れ始めました。

二階の書斎から屋根を見ていると、2年前、割れたり崩れたりしていない屋根の粘土の上に50センチほどの雑草が生え、枯れてからその雑草を根元すれすれにハサミで切り取ったのに、また昨年同じ場所に生え、雑草の生命力の強さに感銘しました。

昨年12月に再度生えて乾燥して枯れている雑草を根元すれすれに刈り取り、そこに雨水があたって春に再生しないように、風呂場のコーキング剤を塗りこみました。

屋根の粘土の上に生える雑草に腹が立つとともに、そのしぶとさに感心し、私を含めて人間は雑草ほどたくましく生きているかなと思ったしだいです。
posted by カゼ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

トイレやキッチンのリフォームで掃除が楽な永大のパワーアトム床材を:ペット同居の家もお勧め

トイレのリフォームで、床材として、アンモニアに強く、傷が付きにくく水にも強くワックス不要で、フローリングの掃除が楽になる高耐久フロア「power atom(パワーアトム)」(永大産業)を使うのも、お勧めです。

油汚れもサッと拭くだけでキレイになるので、キッチンのリフォームでもお勧めです。

手入れは拭くだけですみ、床のお掃除が非常に楽になります。

このフローリングは、EB硬質フィルムで覆われており、直射日光を浴びても退色せず、介護のキャスター付イスも安心して使うことができ、傷が付きにくく、耐久性に優れた床材です。

アンモニアや漂白剤にも強いので、ペットと同居の家も、リフォームの際に床材としてもお勧めです。

とにかく、パワーアトム床材でない私の家では、キッチンの床やトイレの床は、汚れと臭いを取るために、強い力で雑巾で続けて最低2回は拭かねばならず、疲れますね。

永大産業のパワーアトム
posted by カゼ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。