2010年04月16日

リフォーム減税の詳細とは?

バリアフリー、耐震、省エネのリフォームについて、平成21年から一定の条件を満たせば、減税されることになっています。

例えば一定のバリアフリーのリフォームをすれば、申告することにより最高20万円が所得税額から控除され、翌年度の固定資産税額(100m2相当分まで)が3分の1減額されます。

30万円を超える工事費用で、一定のバリアフリーのリフォーム工事を行った場合、200万円を限度として、10%の控除を受けることができます。

(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターによる「 リフォーム減税の詳細」
posted by カゼ at 19:07| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

エコポイント対象のガラス リフォームを旭硝子が開始:年間の冷暖房費は約2万円節約

前号のリフォーム最新情報で「住宅版エコポイントが10月末までのリフォームも対象に:断熱」と書きましたが、旭硝子は、このエコポイント対象の簡単なガラス リフォーム(リガラス)を早速提案しています。

ガラス リフォーム(リガラス)の必要情報を入力すると、工事費などがわかります。
近くの旭硝子のガラス リフォーム(リガラス)の取り扱い業者も調べられます。資料も請求できます。

ガラス リフォーム(リガラス)をすると、騒音40dBカット、断熱性能3倍アップ(年間の冷暖房費は約2万円節約)、−21度まで結露防止、遮熱3倍アップ、紫外線99.9%カットなどが可能と旭硝子は言っています。
posted by カゼ at 19:53| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

住宅版エコポイントが10月末までのリフォームも対象に:断熱

国土交通省は、これから10月末までに断熱材を使った新築住宅やリフォームに対して、最高30万ポイント(1ポイント1円)与えることになった。リフォームのエコポイントの申請には施工業者の工事証明書や現場写真などが必要。

住宅リフォーム・紛争処理支援センター(03・3261・9358)は、住宅版エコポイント制度に関する消費者の相談も受け付ける。また国交省も、18日から相談窓口(0570・071・077)を設置する。

エコポイントと対象となるリフォームは、断熱材を使った窓や外壁・屋根・天井・床の断熱工事やバリアフリー、内窓を作ることなど。

私は、住宅版エコポイント制度を利用して内窓(2000-18000ポイント)を作ろうかなと思います。

posted by カゼ at 22:16| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頑丈なへーベルハウスは20年後に屋根リフォーム代約100万円かかる

家のローンを20-30年かけて、払い終わるとやれやれとほっとしますが、そのほっとは一時的なもので、家のあちこちが傷み始めて、毎年、予想外のリフォーム代に驚かされます。

旭化成の住宅である鉄骨作りの「へーベルハウス」は、内外とも頑丈な作りです。
住宅メーカーの中では、一番分厚い丈夫な鉄骨をふんだんに使って、なかなかリフォームに関係のない住宅だと思っていました。

へーベルハウスの屋根は特殊金属を使っているのだと思っていましたが、耐用年数20年の特殊繊維を貼っていました。私の知人が、へーベルハウスの屋根がめくれ始めたので、張り替えると100万円の屋根リフォーム代がかかったそうです。
posted by カゼ at 22:15| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

築後30年の家の脳出血:別種のリフォーム発生

毎月の住宅ローンの支払いが終了してやれやれと思っていると、住宅のあちこちにガタがきて、リフォーム費用がかさむ様になります。

瓦は上等なものを使っておくほうが、家の見栄えがいつまでも良いです。これは私は失敗しました。普通の瓦を使いましたので、、、。

でも、外壁には、チップ(木の小片)を入れて吹き付けましたので、地震などで、ひび割れが生じにくく、長持ちしています。これは正解でした。チップを入れない外壁は何本も大きなひび割れが走り、10年ー20年ほどでリフォームで壁を塗りなおすか、新建材壁板を貼り付けねばなりません。

「今年は、珍しくリフォーム費用がいらないな、、、」と思っていると、最近、家のすぐ外の鉄製の地下の水道管が破裂して、修理代が1万円ほどかかりました。漏れていた余分の水道代は、6500円ほどです。

家も築後30年たつと、人間のように脳出血を起こすのだと思いました。

台所に行くと「ゴー」という音が聞こえるので、最初は何が起きたのかと、理解できませんでしたが、、、。

私の住んでいる千葉県内の市では、水道栓と水道蛇口の間の水道管の破裂でも、地下で破裂した場合、書類で申請すれば、漏れていた余分の水道代の面倒をみてもらえるそうです。
posted by カゼ at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

リフォーム産業フェアが14ー15日:一般人も入場可

リフォーム産業フェアが、7月14ー15日、東京ビッグサイト東1サイトで開かれる。入場予定者は1万人。

リフォーム産業新聞主催の業者中心のリフォーム産業フェアだが、一般人も入場できる。

250間に、リフォーム関連のキッチン・バス、ガス関連、内装建具、床材、床暖房、断熱、気密建材、玄関ドアなどが展示される。

リフォームのセミナーは、リフォーム産業フェアの外周を囲むように、15会場で開かれる。

東京ビッグサイトには、東京の新橋駅から、ゆりかもめに乗り21分、国際展示場正面駅下車。

住宅リフォームフェア事務局 TEL 0120-46-0774
posted by カゼ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

見積もりや業者の無料紹介のリホーム ホームプロがマスコミで人気:一流会社が出資

リホームの見積もり、リホーム業者の複数紹介を無料でしてくれる「リホーム ホームプロ」が、注目を集めています。このようなサービスをリホーム業者に匿名でしてくれます。

NHKなどのテレビや新聞、雑誌などで300回以上もとりあげらるほど高人気。

登録リホーム業者は400社以上で、北海道(札幌)・宮城(仙台)・富山・石川・新潟・首都圏・中部圏・関西圏・岡山・広島・山口・福岡をカバー。リホーム業者の評判を確認してから登録してもらっている。

利用するために登録している人は、18万人以上。1年間の仲介成約高は40億円と国内最大。

株式会社ホームプロ の出資者は、一流会社のリクルート・NTT東日本・NTT西日本・大阪ガス。

無料ですから、見積もりを取って、他の業者と比較するのも良いですね。8000件のリホームの実例も検索できます。

無料でリフォーム業者から提案・見積もりをもらう【ホームプロ】
posted by カゼ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

リフォーム予算オーバーとトラブルを防ぐコツ:ついでの工事がトラブルの元

「リフォーム予算オーバーを防ぐコツ」が、AllAbout住まいに載っています。なかなか参考になる記事です。

@リフォーム計画を事前にたて、リフォームの優先順位を作るA予算の10-30%は、追加のリフォームや急なリフォーム変更のために取っておくBリフォーム中の引越し費用、入浴費用、外食費用、貸し倉庫費用なども事前に把握しておくC業者が「ついでにやっておきましょう」に簡単に同意すると、当初の工事費に含まれておらず、追加工事費用を請求され、後でトラブルになりやすいので注意すべきです。ついでの工事には、追加工事費用が必要かどうか、必ず確認することです。

予算に余裕を持たせるのは、新築の時と同じですね。きちきちでやると、家の登録費用もひねり出せません。
posted by カゼ at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

将来売る予定の家のリフォームの注意点:中古車と同じ

今住んでいる家を将来売る考えがある場合のリフォームの注意点としては、新築して10年経過すれば半値になり、いくら多額のお金をかけてリフォームしても、新築の値段にはならないので、リフォームに多額のお金をかけない。

大事な柱、屋根、壁が雨や水漏れで傷んでいては、売る時に買い叩かれるので、雨もり、水周りの水漏れには普段から気をつけ、早目に修理をすることも大事です。

リフォームをする場合は、前後と途中に、1回づつ写真を撮っておき、売る時にどのようにリフォームしたか証拠をみせる。

将来自分の家を売りたい場合、あまり個性的な外観や色のリフォームをしないようにする。個性的な外観や色のリフォームにすると、売れにくくなるからです。自動車も、個性的な改造をすると、売れにくくなるのと同じです。
posted by カゼ at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

日経トレンディネットのリフォーム情報は事前に一読の価値あり:マンションリフォームの落とし穴

日経トレンディネットで、役に立つリフォーム情報を連載してます。リフォームをする前に、一読の価値ありです。

日経トレンディネットで人気記事1位は、「空間変身術2 築120年の古民家リフォーム。色調と質感で新旧を融合」。

日経トレンディネットで人気記事2位は、「第4回 リフォーム仲介のプロ藤吉俊樹さんが教える悪質な会社の見分け方」。

それから、隣近所からのリフォーム工事の苦情で、マンションリフォームを中止したケースも掲載されています。マンションリフォームの落とし穴です。

マンションリフォームをする場合、隣近所に「なるべく迷惑かけないようにリフォームをするので、よろしく」と事前に挨拶が必要ですね。また、リフォーム業者に「どのように隣近所へ配慮したリフォーム工事になっているか?」も、事前に確認する必要がありますね。
posted by カゼ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。