2010年04月16日

リフォーム減税の詳細とは?

バリアフリー、耐震、省エネのリフォームについて、平成21年から一定の条件を満たせば、減税されることになっています。

例えば一定のバリアフリーのリフォームをすれば、申告することにより最高20万円が所得税額から控除され、翌年度の固定資産税額(100m2相当分まで)が3分の1減額されます。

30万円を超える工事費用で、一定のバリアフリーのリフォーム工事を行った場合、200万円を限度として、10%の控除を受けることができます。

(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターによる「 リフォーム減税の詳細」
posted by カゼ at 19:07| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。