2010年04月05日

頑丈なへーベルハウスは20年後に屋根リフォーム代約100万円かかる

家のローンを20-30年かけて、払い終わるとやれやれとほっとしますが、そのほっとは一時的なもので、家のあちこちが傷み始めて、毎年、予想外のリフォーム代に驚かされます。

旭化成の住宅である鉄骨作りの「へーベルハウス」は、内外とも頑丈な作りです。
住宅メーカーの中では、一番分厚い丈夫な鉄骨をふんだんに使って、なかなかリフォームに関係のない住宅だと思っていました。

へーベルハウスの屋根は特殊金属を使っているのだと思っていましたが、耐用年数20年の特殊繊維を貼っていました。私の知人が、へーベルハウスの屋根がめくれ始めたので、張り替えると100万円の屋根リフォーム代がかかったそうです。
posted by カゼ at 22:15| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。